介護殺人寸前のアラサーが心のブロックを解除し、12日でプロポーズされた実話を読む!
重かった心が、すーっと軽くなる。
辛かった体験を言葉を使ってあれこれ掘り返しません。3分で1個心のブロック解除!
ブログからお申し込みがない

好きを仕事にで食べてけない。会社員の夫の稼ぎに頼る自分に価値がないように思えてきた・・・

  • 好きなこと・得意を生かして起業したものの、食べて行けるほどではなく貯金を切り崩したりパートナーの収入に頼る生活が続いている。
  • お客さんから喜ばれるけれど、お金がついてこなくて好きなことをしているのに好きなものは買えないばかりか、子どもに何も買ってやれないと感じてしまう。
  • アルバイトや会社に勤めながらダブルワーク・トリプルワークで、副業を軌道に乗せるような気力・体力・根気がなく、そもそも本当に起業に向いているのかわからなくなってきた。

「貧すれば鈍する」というように、お金がなくなればそれまではシャープだった頭の働きが鈍ります。

ネットショップが0円で開ける現代、誰でもリスクなしで簡単に始められます。しかし、ビジネスを続けるのは「根気」というマインドの強さがいります。

わたしもお金のブロックはてんこもり。ご一緒にお金のブロックを解除し、「わたしのビジネスはこれからどうなるのだろう」の不安を「これからはこうしよう」という希望に変えていきましょう。

お金のブロックがあると

  • 「絶対に騙されない」と思っているのに、怪しげなものに手をだそうとしてしまう。
  • 収入を得るために行動することが面倒くさく感じてしまう。
  • 楽しいことをしているはずなのに結果がついてこない。
  • これまで楽しかったことが楽しくなくなる。

お金のブロックを解除すると・・・

  • 主婦やパートの方は臨時収入があったり家族の収入が増えたりします。
  • 自営業の方は高額商品の成約が決まります。
  • 会社員の方はお給料アップできるようなポストに就けたりします。
  • 頂き物がふえたり、思っていたより安く手に入ることが多くなる
  • 貯金ができるようになる。

好きなことをするのはちょっぴり勇気がいるけれど、楽しいことです。

ただし、お金が続かなければ廃業するしかありません。でも、楽しくなければ続きません。

お金のブロックを解除し、ともに豊かで幸せになりましょう。

好きなことをするのは楽しい!でも・・・

そっと片手に触るだけで3分で1個心のブロック解除 石川県加賀市のマインドブロックバスター、プリンセス(水本かずみ)です。ごきげんよう。

好きなことをするのは楽しいです。でも、続けるのは根気というマインドの強さがいります。なぜなら、人生、いいときも悪いときもあるからです。

「富めるときも貧しい時も、健やかなるときも病めるときも・・・」

結婚の誓いはなぜこの言葉なのでしょうか。

お金がなくなったり、心や体がついていかなくなったとき、本当の真価が試されるからです。

ビジネスは「世の中を少しでも良くする」といった綺麗ごとばかりではなく、お金を得るという「ゲスい」動機が大部分を占めているのは当然です。

とても食べていけるような収入になはらなくてもなんとかやっていけるのは、夫の稼ぎがあるからです。

「ありがたいな」「ふがいない」と思う一方、この状況に心が慣れ切ってしまいそうな自分がいます。

「どうせ何をやったってうまくいかない」とか「夫の稼ぎでキラキラ起業をしている自分に価値はあるのだろうか」という心のブロックがいつのまにかできています。心が折れそうになっているんですね。

こんな時に心のブロック解除が役に立つ可能性があります。

それまでのお金の「当たり前」を変えていく、ということ。

じつは会社員の頃、いつか起業したいなとぼんやり考えてお給料を貯金していました。

お給料のうちいくらかを毎月貯金して、コツコツ資産を積み上げていくことがわたしのお金の「当たり前」でした。

しかしビジネスを始めると、これまでの会社員のお金の「当たり前」とは真逆です。まず第一に、お給料はありません。

手持ちの資金(それがなければ時間や労働)を投下し、回収されるという保証が100%ではない世界です。

まるで実験室のモルモットが野生動物だらけの世界にお引越しするようなものです。急なお引越しか、徐々にお引越しになるのかは人それぞれですが。

少なくとも、これまでの「お金の当たり前」は変えていく必要があります。

まとめ:好きは仕事になりません。だから・・・

「貧すれば鈍する」ということわざのとおり、余裕がなくなるとどんな善人でも変わってしまいます。

事業は軌道に乗せるまでが大変。

世の中を少しでも良くする!というきれいごとではなく、お金を得るためという「ゲスい」動機から始まることがほとんどで、それは否定されるものではありません。

だからといって、お金が得られないだけでやめてしまってはモッタイナイ。

リスクなしでネットショップを始めることができるようになった現代、小回りが利く個人の強みを生かしたいところです。

好きは仕事になりません。だから仕事に「する」のです。

売り上げ0、貯金0のナイナイつくしなら、まずは売り上げ0という「結果」をありのままに見つめて分析し、次の行動を考えればいいと思います。

わたしの祖父は会社に勤めたことはありません。若い時、商売がなかなか軌道に乗らず、いろんなことをしたのだそうです。

支払うべき年金はわたしの祖母の母親(祖父にとって義理の母親)の年金を使っていたのだそうです。

わたしが結婚した時、祖父はいろんな国のスタンプがいっぱい押されているパスポートを何冊かとりだして夫に見せました。自慢げに「俺はこれができた。いつか、あなたたち夫婦も世界中を旅行できたらいいよね~。」と。

ちっ!夫はそもそも旅行が嫌いなので・・・できたとしてもやらないでしょう!

イラっとすることを普通にする祖父なのでした。

ただ、祖父の生きてきた昭和から平成は、日本経済、なにもないところから右肩上がりの成長でしたので、今と状況は違いますけどね。

地球は行動の星。そのことだけは、これまでもそしてこれからも変わりません。

ご一緒に心のブロック解除(読むだけで心のブロック解除):「起業で食べていくほどの収入がなく、パートナーの稼ぎに依存している自分に価値はあるんだろうかと自信を失いつつある」

読むだけで心のブロック解除です。

これはわたしの心のブロック解除ですが、ご一緒に心のブロック解除でもあります。心のブロックを解除されたいあなたは同じイメージをしてください。解除されたくない方は解除されません。

お金のブロックは、潜在意識の中で、こんなふうなイメージで表現されています。

「わたしはこんこんと湧き出る豊かさの泉を見つめている。小さな丸い泉のなかで、人魚が金魚みたいにくるくる回って泳いでいる。」

これを「心のブロックのイメージ」とマインドブロックバスターは呼んでいます。

心のブロックのイメージをこんなふうに書き変えると心のブロックは解除できると潜在意識は伝えています。

「わたしは豊かさの泉の水をバケツですくい、井戸に入れる。人魚がガンバレ、と応援している。

井戸から水を出すと、水がぶわーっとあふれ出てくる

これを「心のブロックを解除するイメージ」とマインドブロックバスターは呼んでいます。

心のブロックのイメージを消して、心のブロックを解除するイメージをしっかりとイメージします。

これで心のブロック解除は完了です。

心のブロック(いらない思い込み・本来の自分であることを妨げるもの)を解除することで、想像もしえなかった変化を引き寄せます。

マインドブロックバスター養成講座を受けて、自分に対する心のブロック解除や周りの人への心のブロック解除を身に着ければ一生もの。

いつでも、どこでも、誰とでも、心のブロックを外すことができるようになります。

まずは体験

「心のブロック解除って?」気になったらこちらの記事>>>心のブロックが3分で!悩みを掘り下げない「3分で1個心のブロック解除」キャハハと笑いながら問題解決

リアルで心のブロックを解除したい方はリアル体験会へどうぞ。