介護殺人寸前のアラサーが心のブロックを解除し、12日でプロポーズされた実話を読む!
重かった心が、すーっと軽くなる。
辛かった体験を言葉を使ってあれこれ掘り返しません。3分で1個心のブロック解除!
里帰り中のストレス

[里帰り中]「赤ちゃんに白湯を飲ませなくていいの?」と聞かれたら

娘がまだ新生児の頃、里帰り中に母から「お風呂上りに赤ちゃんに白湯を飲ませなくていいの?」と聞かれました。

夫のお母さんからも「果汁は何か月ごろからあげればいいの?」と聞かれました。

赤ちゃんから見ておばあちゃんが育児をしていたころ、

「お風呂上りは赤ちゃんに白湯を飲ませなさい」

という指導がされていました。

しかし、今は白湯を飲ませない考えが広まっています。

「今の育児は違うんだよ。白湯を飲ませるのは昔の話だよ」と言ったら角が立ちそうなので、「おばあちゃん」にどう伝えたらいいのか困った経験がありました。

育児の先輩である「おばあちゃん」には「病院で確認したところ、こういう意見だった」と第三者の意見として伝えると角が立ちません。

里帰り中に母から「赤ちゃんに白湯を飲ませなくていいの?」と聞かれ困った

そっと片手に触るだけで3分で1個心のブロック解除 石川県加賀市のマインドブロックバスター、プリンセス(水本かずみ)です。ごきげんよう。

今、振り返ると、赤ちゃんが産まれたばかりの頃って大変ですよね。

2~3時間ごとの授乳。

プリンセス
プリンセス
1日でいいから、5~6時間、ぶっとおしで寝たい

「赤ちゃん」という未知の生物にてんてこまいになっているとき、母(赤ちゃんにとってはおばあちゃんですね)から、こんなことを言われました。

「白湯飲ませなくていいの?」

と。

なんのことかわからず、困りました。

なぜなら、病院からは

「ミルクだけで十分、足りるのでお茶やジュースは不要です」

と指導されていたからです。

育児は初めてなので、わたしを育てた母の意見は正しいように思えます。

でも、病院からは「お茶や果汁はいりません」と言われていましたが、

白湯は・・・?

こんなお困りごとを解決したのは、3カ月検診の時に担当してくれた看護士さんでした。

実は、育児の指導は変わるのだそうです。

医療関係者の見解を「おばあちゃん」に伝えると、納得してくれます。

「おばあちゃん」はなぜ「昔の育児」をするのか?そんなイライラに心のブロック解除

お風呂から上がった後は汗をかくので、「水分不足にならないよう白湯を与えましょう」という指導が最近まで行われていました。

プリンセス
プリンセス
白湯飲ませろなんて病院で一言も言われなかったYO

と言っても、「おばあちゃん」は必死に乳児に飲ませようとするのです。

しかし、「おばあちゃん」のやり方にたいして、「やめて!」というと角が立ちそうなのでわたしは言えませんでした。

義理のお母さんからも言われていました。

「果汁はいつから与えるか聞いた?」

プリンセス
プリンセス
寝不足の脳みそを「白湯や果汁を飲ませる・飲ませない」の悩みに使いたくない

そこで、自分の育児中に感じる心のブロック

「母の世代が親だった当時のやり方を言い出すことにたいしてモヤモヤする」

を自分で解除しました。

母:3カ月検診の時に、白湯を飲ませなくていいか病院に確認するのだ

今は、「赤ちゃんに白湯は不要」という考えが広まっている

病院で看護士さんに聞いたところ

看護士さん:今現在、白湯を飲ませなさいという指導はしていません。

看護士さんにはお子さんが3人いて、上の2人を育てたときは白湯を飲ませたけれど、下の子には飲ませていないのだそうです。

看護士さん:実は、さっきも3カ月検診にいらっしゃった親子からも同じ質問をされました。

看護士さんによると、「赤ちゃんに白湯を飲ませると、のちにアレルギーになる傾向がある」という論文が発表されたから。

プリンセス
プリンセス
育児の常識は変わるようです。

「おばあちゃん」には医療関係者など第三者の意見を伝えれば角が立たない

看護士さんのお話を聞いて、白湯を飲ませないことを納得してもらいました。

夫のお母さんにも「今は、白湯は飲ませないらしい」と伝えました。

義理のお母さん:え~娘の孫たち(今は小学生)は白湯を飲ませていたのに・・・

いまひとつ受け入れていないっぽい感じだったので、

プリンセス
プリンセス
そうなんですよ。子どもが3人いる看護士さんも、上の子は飲ませていたそうだけれど、下の子は飲ませていないんですって!

義理のお母さんは、かなり驚いていました。

「抱っこする抱き癖がつくからだめ」から「抱っこはたくさんしよう」に変わったように、育児の常識は時代とともに変わるようです。

しかし、これから育児をサポートしてもらうことが増えるであろう「おばあちゃん」に「今の育児はこうだから!それは昔のやり方だから!」というと、角が立っちゃいますよね。

プリンセス
プリンセス
「お医者さんの回答はこうでした」と第三者の見解を伝えれば、角を立てずに納得してもらいやすい!

白湯を飲ませるか飲ませないか、なんて、ほんっっと、どうでもいいことなのに、乳児を育てて寝不足だとイライラしやすいのか、(わたしはそうでした。)

赤ちゃんに何か与えられると、モヤモヤしてきます。

たとえ白湯という無害であろうものでも!

プリンセス
プリンセス
きいー

医療関係者に意見を聞き、「第三者の意見」として、「おばあちゃん」に伝えてあげると誰も悪者になりません。

補足:赤ちゃんに白湯をあげたほうがいい場合

ただ、離乳食を始めたころ、便秘になってしまいました。

離乳食を始めた辺りは便秘をしやすいのだそうです。

プリンセス
プリンセス
しかも、夏場で汗をかく時期だったし・・・

汗をよくかく季節に離乳食がはじまったら白湯をあげてもいいと思います!

育児のイライラは心のブロック解除で解決!

わたしは「おばあちゃんが昔の育児のやり方を言い出すことにイライラする」という自分の心のブロックを自分で解除しました。

すると、病院で意見を聞いて、「おばあちゃん」に伝えたところ、納得してもらえたという結果になりました。

「お医者さんの意見は聞けてもわたしの意見は聞けないんだ」と悲しくなることもなく、「まあ、おばあちゃんにとってママは娘だからね」と感情が揺れていない自分がいます。

もし、これを読んでいるあなたがわたしと同じ心のブロックを解除しても、わたしと同じ結果になるとは限りません。

あなたの潜在意識が一番望んでいる結果になります。

ご一緒に心のブロック解除:今、解除するとよい育児の心のブロック

読むだけで心のブロック解除です。心のブロックを解除されたいあなたは同じイメージをしてください。解除されたくない方は解除されません。

育児中に感じている悩みは、潜在意識の中で、こんなふうなイメージで表現されています。「赤ちゃんがキラキラした光に包まれている」

これを「心のブロックのイメージ」とマインドブロックバスターは呼んでいます。

「心のブロックのイメージ」をこんなイメージに書き変えると心のブロックは解除できると潜在意識は伝えています。「赤ちゃんがどんどん成長して中学生くらいになる」

これを「心のブロックを解除するイメージ」とマインドブロックバスターは呼んでいます。

心のブロックのイメージを消して、心のブロックを解除するイメージをしっかりとイメージします。

これで心のブロック解除は完了です。

心のブロック(いらない思い込み)は本来の自分にとって最適な状態になることを妨げているもの。心のブロックを解除することで、想像もしえなかった変化を引き寄せます。

心のブロック解除とは?気になったら>>>こちらの記事へ