子育ての悩み

ママが自営業フリーランスの場合2歳児は保育園に落ちると悲観することはありません

「そろそろ、出産する前まで取り組んでいたフリーランスに復帰し、お仕事を本格化させたい。でも、子どもを2歳から保育園に入れるのは、ママがパートに行ってるとかお勤めしている場合限定で、自宅で自営業をしていると厳しいよね・・・」

とモヤモヤしていませんか。

わたしも2歳になる子どもがいて、よく見てくれてはいるけれど常に祖父母が家にいるわけではありません。

「フリーランスの仕事に集中したいから、育児は祖父母に任せてバリバリがんばるぞ」というわけにはいかないと思います。

2歳を過ぎたころ、子どもが生まれる前まで取り組んでいた自営業を本格化させたくなりました。

「親が主に自宅で自営業だと、やっぱり、子どもを保育園に入園するのは3歳からなのかな」「保育園落ちちゃうよね」

と不安になり、ググってみましたがよく分からない。そこで、市の子育て支援課に電話してみました。

「保育園に入園が認められるか否かはあくまで園の責任者、つまり園長先生の判断です。申し込み書類を提出するとき、お母さんの仕事について園長先生から聞かれたら答えてください」ということでした。

12月に保育園に書類を提出し、翌年の2月に入園を認める決定通知が来たので、ちょっとドキドキしましたが大丈夫でした。

ママが自営業なら3歳まで自宅で子どもを見なければならないと思っていませんか。

それは思い込みで、全然そんなことはないかもしれないんです。

まずは、お住いの市町村の子育てサービス担当課や保育園にご確認ください。

母親がフリーランスなんですけれど、2歳から保育園に入園は落ちるのでしょうか?と市役所に問い合わせた結果

ママが自営業だと、保育園は3歳からなのでしょうか?

もちろん今現在、3歳児神話はあくまで「神話」という認識が広まりつつありますが、子ども3歳児神話は嘘説」が適用されるのは会社員や派遣・パート勤務のママ限定で、自営業の自分なんかには適用されないのでは・・・と不安になる自分がいます。

子どもが2歳になったころ、そろそろ、子どもが生まれるまでしていたマインドブロックバスターのお志事に本腰を入れたくなりました。

そこで、市役所の子育て支援課に問い合わせました。

「入園を認めるか否かは、市役所ではなく園の責任者が決めることです。申し込み書類を出すとき、園長先生から仕事について聞かれることがあれば、答えてください」

保育園落ちた日本死ね的なやつで「保育園って落ちてしまうの?」と心配でしたが、保育園に落ちたり、上の子と下の子が保育園が違うので送迎をはじごするというのは、保育園や保育士が不足しているエリア限定の話のようです。

(逆に、田舎では、子どもがいなくて保育園が閉園してしまうという別の問題もありますが・・・)

あくまでわたしが住んでいる市の方針です。各市区町村には子育て支援担当課みたいな名前の課があるはずなので、お住いの市役所にお問い合わせしてみてください。

2歳だけど保育園に入園だ!と思った理由

  • 子どもが生まれるまで取り組んでいたマインドブロックバスターのことを本格化させたいな~
  • 娘がちょっと最近、パワフルになりすぎていて、正直、ついていけない・・・
  • 家と近くの遊び場だけじゃ、遊び足りない感じになってきたかも

日に日に娘がパワフルになってきて、一緒にいるとママ、消耗・・・

3歳まで子どもと2人、のんびりやろうかともくろんでいましたが、意外と娘はわたしの子にしては、元気で(?!)目を離すと、エネルギッシュに危険を冒しているデンジャラス・プリティなウーマン。

大人しく一人遊びする可愛いわが子を横目に、紅茶を片手に優雅にパソコンをカタカタ・・・という理想どおりにいかなかった(笑)

お昼寝をしている合間合間に、ちょこちょこブログ更新していましたが、限界を感じていました。

家と近所の遊び場だけでは遊び足りない感じになってきている

(親なのでわが子を見る目が曇りに曇って真っ白なせいもありますが)娘(2歳)はとても賢く運動神経も素晴らしい。

わたしは車を持っていないので、どうしても娘の遊び場が家と近所の遊び場の二択に限られてしまいます。

これでは娘の生命エネルギーが有り余ってしまうなと考えていました。

ママが自営業なら保育園は3歳からだよね・・・と思い込んでしまう理由

ママがフリーランスなのに、2歳から保育園に通わせることは不可能だよね、と思ってしまう理由

  • 身近な親子で、ママがフリーランスで、子どもが2歳から保育園に通っている例がない
  • 自分の親もパートナーの親も、わたしたちを3歳から保育園に通園させていた
  • 初めての子なので、そもそも、よくわからない

自分でも初めてのチャレンジ、かつ、前例がないことをするのは勇気がいります。

10月に2歳になり、12月に申込書を提出したら、翌年の4月から保育園に通っている!

たまたま2歳児の入園希望者が少なかったからでしょうか、入園することになりました。

12月に申込書類を提出し、翌年の2月に通知が来るまでドキドキしましたが・・・

3月は入園準備のため、お着換え袋などを縫ったり名前を書いたりと準備をしました。

運よくわたしが住んでいる市町村はママの多様な働き方を認めていて、かつ、たまたま、保育園の定員に余裕がありました。本当に恵まれています。

他の市町村であれば、どんなに仕事をして納税して社会に貢献するような素晴らしいことをしているママであっても、子どもの入園が認められないなんてこともありますよね。

学問の神さま菅原道真公を祀る「天満さん」で、「保育園合格祈願!パンパン!」したこともあってか、見えない力のバックアップのお陰さまの結果になりました。

ググってもよく分からないのは、自分とこのケースではどうなの?が分からないから。

「ママがパートや会社勤めしていない、フリーランスでは2歳で入園は難しいよね」と思っていた頃、ググってみたりしました。

「うちは自営業だけど入園できた」という報告もありましたが「自分のところのケースはどうなんだろう?」

やっぱりよく分からず、思い切って、市役所の子育て支援課に問い合わせて良かったです。

どっさりと納税しているわけではないのに、入園を認められたということは全国的に見てわたしは恵まれているママだと感じています。

もちろん、子どもが大人しく遊んでいられて、かつ、わたしが「3歳まで一緒にいたいな~」という気持ちがあれば、3歳から入園だったと思います。

しかし、2歳を過ぎたころ「フリーランスのお仕事を本格化させたいな」という気持ちが湧いてきたので「えいやっ」と決断しました。

「母親が会社員・パート・アルバイトではなくフリーランスだと保育園に落ちるのでは」と思う方は、このような思い込みはありませんか?

「たくさん稼いでたくさん納税している人と比べ、わたしなんかは税金で運営されている公共サービスを受ける資格の優先度が低い」

「たくさんお金を稼いでたくさん納税している人が立場が上だ」と感じるモヤモヤは、お金のブロックが姿を変えたものです。

周りに前例がないけれど、心が決めたことに挑戦中のあなたを応援しています。

プリンセス
プリンセス
この記事のほかにも、育児にまつわる悩みを書いた記事は「育児中に感じる悩みのカテゴリー」を見てください。