子育ての悩み

【産後クライシス?】イクメン夫にイライラした時

  • 育児は分担するべき、と思っているのに「イクメン」夫にイライラしてしまうママ
  • 毎日、育児をしているだけのわたしに価値があるんだろうかとふと悩むことがある育児にお疲れ気味のママ
  • 子育ての喜びと苦労をパートナーと分かち合いたいと思っているけれど、現実はなかなか難しいなと思っている子育て中の方

「イクメン」の英訳は「Dad」つまり「父親」なのだそうです。

男性も育児をすることが当たり前の世の中になってきています。

もちろんわたしもこの流れに賛成です。

ところが先日、わたしは夫が子育てをするところを見て内心イライラしました。

夫のやり方がわたしと違うのから嫌なのではありません。育児は女の領分だからに入ってこないで、という気持ちになったからです。

・・・そう、男は外で働き、女は家事・育児という化石化し博物館に展示されている価値観が潜在意識にまだ残っていたんです。

顕在意識では「最近、ちょっとお疲れ気味だし、夫が育児してくれるといいな~」と思っているのに、すすんで子育てをする夫を見て、イライラしている自分がわかりませんでした。

そんなとき、わたしは「夫がイクメンだとイライラする」心のブロックを解除しました。

心のブロックを解除してから数日後、育児をしている夫を見てもまったくイライラしなくなりました。

心のブロック解除で、子育て中に感じるストレスが大幅に軽減されたわたしの実例をお話します。

すすんで離乳食を作る「イクメン」夫にイライラする

そっと片手に触るだけで3分で1個心のブロック解除 マインドブロックバスターのプリンセスかずみです。ごきげんよう。

以前、わたしがお疲れ気味のとき

プリンセス
プリンセス
あ~、離乳食作るのだるいな~。

と思っていたタイミングで、夫がすすんで離乳食を作ってくれました。

でも、「よっしゃー!楽ちん楽ちん!」と素直に思えませんでした。

わたしは

プリンセス
プリンセス
子どもは二人の子ども。育児は協力してするべき

と考えているので、夫が育児をすることに何も問題ないはずなのに、「イクメン」夫にイライラしている自分がいることに驚きました。

「自分のやり方と違うの!そうじゃないの!」というイライラではありません。

「女の領分に入られた」というイライラです。

時代錯誤もいいところです・・・

プリンセス
プリンセス
育児の旧石器時代や~(彦摩呂風)

心のブロック解除でパートナーにたいするイライラが消えた

夫婦共働きで家事・育児を分担するのが当たり前の時代。

しかし、わたしは働きに出ているわけではありません。

専業主婦ですらありません。家事はほとんど夫のお母さんがやってくれています。

わたしは普段、育児しかしていません。

専業主婦でもない・働いてもいないので「わたしも働いているんだから夫も育児をするべきでしょ」と言うことはできないと思い込んでいます。

実はお疲れ気味だから育児を夫に助けてもらいたいと希望しているのに、現実に、いざ夫が育児に取り組むのを見て内心おだやかでない気持ちの底には

  • 「育児をしないならわたしの存在意義が0になる」という不安定さ
  • 「わたしは稼いだり家事をしていない。たいした仕事をしているわけじゃないのに、わたしはいったい何をやっているんだろう」という自信のなさを感じました。

実は、わたしはバイト、正社員、実家の経理事務、どんな立場についても、どんな仕事をしていても「どうせわたしはたいした仕事をしていない」と自信が無くなってしまう思い癖がありました。

そこで

「夫が育児をするとイライラする心のブロック」

を解除しました。

すると、夫が育児をしているのを見ても過剰に反応しなくなりました。フラットな感情で夫を眺めることができました。

今では、こう思えています。

プリンセス
プリンセス
夫が仕事が大変で疲れていても、わたしが仕事を代わってあげることはできない。でも、夫は家族の顔を見れば疲れは吹き飛ぶ

夫が子どもを連れて散歩に行っている間に、わたしはブログ更新しよっと

まとめ

人生は「今」という瞬間の連続

イライラして「なんでわたしばかり損しているの?」と思って過ごしても、幸せな瞬間がありがたいと思って過ごしても、同じ「今」。

だから、これからもわたしは育児でイライラを感じたら、まずは自分の心のブロックを解除します。

そして、わたしが潜在意識に持っていた育児の「当たり前」を変えて次の世代に手渡していこうと思います。

プリンセス
プリンセス
この記事のほかにも、育児にまつわる悩みを書いた記事は「育児中に感じる悩みのカテゴリー」を見てください。

「自心のブロック解除」は心のお守り

今、みなさんは新型コロナウイルス感染症への対策で困った不安という状況ではありませんか?

「テレワークできない職業なので不安で仕方ない」

「怖いと思いながら毎日仕事をしている」

「穏やかに過ごしたいのに雰囲気がぎくしゃく」

「休校・外出自粛でエネルギーを持て余している子どもとの時間に疲れを感じる」

「人と直接、触れ合うことが減り孤独を感じる」

「もし自分や家族が感染したら周りに迷惑をかけたり差別されるのではないか」

「時給だから収入が減った」

「経済が冷え込み、今後、生活レベルが落ちたり食べられなくなるかもしれない」

「この先どうなるのか不安」

非常事態こそ平静を保ちましょう、と言われても・・・

感染拡大防止はダラダラと続く長期戦。

心を一つに、明るく乗り切ろうと奮い立たせていても知らず知らずのうちにメンタルに負荷がかかっているかもしれません。

もし、こんな風になれたらいいと思いませんか?

  • 冷静になれる
  • 必要な情報は入るけれどデマには踊らされなくなる
  • さりげなく「運がいいな」ということが起こる
  • 気持ちが軽くなる

 

マインドブロックバスターは3分で1個心のブロック解除で「どんなときも、心を支える」

ひとりひとりがまずは自分でブロック解除できるようになること。

それが社会の意識を変革すると確信しています。

まずはこちらの

マインドブロックバスター創始者の栗山葉湖(くりやまようこ)先生が急遽、作成した本(無料!)をダウンロードして、自分で自分のブロック解除(セルフ・ブロック解除)お試しくださいね。

無料小冊子プレゼント!

<大人向け>

コロナに負けない!
ココロにも負けない!
マインドブロックバスターが教える
=‘自心’のブロック解除=
かんたんガイドブック

どうぞこちらからダウンロードしてください!

https://www.agentmail.jp/ln/10/3/21200/330883/179870/2/

<初の子ども向け>

じぶんでできる
こころのイライラを
まほうのようにけしちゃうあそび
マインドブロックバスター

子ども向けはこちらからダウンロードしてください!

https://www.agentmail.jp/ln/10/3/21201/330883/179870/2/

本をダウンロードしたら、まずは、自分の心のブロックを解除してくださいね。

「これでいいんですか?」のご質問は無料オンライン体験会で全国のインストラクターさんがご質問を承っております。

10年間で10000人!マインドブロックバスター創始者 栗山葉湖先生から預かっているメッセージをご紹介します。

どんなときも、心を支える

コロナ長期化にともなって、
これから今までになかった生活上の
「ストレス」が出てくる可能性が高まりました。

すでに家庭内で「親子で精神的に限界・・・」
「夫婦喧嘩多発」というお声を聞いてます。

また、会社が倒産、仕事が激減、
給料が支払われるのか、リストラに合わないか?

などお金のブロックも多発。

3分で1個心のブロック解除
マインドブロックバスター®︎
10年間で1万人の卒業生を卒業させている
「心のブロック解除」決定版。

熊本地震を始め、災害の時、病気で入院中など

「他に何もできないときでも
ブロック解除だけはできました」
「おかげさまでパニックにならずに
対応できました」と、
とても重宝されています。

こんなストレスのたまりがちな時に
自分で自分をブロック解除する方法を見やすく、
すぐに真似しやすい電子書籍で無料配信。

ご好評につき、また自粛や休校の長期化を踏まえ、
配布期間を延長することにいたしました!

現在6800ダウンロードを超えています。

また、同時にお子さん向けの
「電子絵本」でお子さん自身でも
ブロック解除できる方法をお伝えしています。

毎日のライブ配信でやり方の復習や
ご質問にも回答しています。

今からでもぜひダウンロードして

親子でもおひとりでも
「心のブロック解除」なさってください!

コロナに負けない!ココロにも負けない!
明るい笑顔で毎日を過ごしましょう。

ダウンロードはこちらから
https://mbb3.com/ebook/7828/?0331mbb